医療経営ニュース

news 当会にて隔月発行している「医療経営ニュース」の内容をご紹介します。

掲載日:2015年7月1日 Vol.18 No.4

◆「注目の特集ニュース」

『財政健全化計画等に関する建議』が示す今後の医療制度改革の方向性

◆Q&A
Question:
地方都市で内科の有床診療所を経営しています。経営は非常に厳しく、毎年有床診療所全体の数も減少していることは周知の事実です。診療報酬では「機能に応じた評価」を行うとされていますが、入院患者の受け入れは地域の病院と連携して一般病床からの入院患者を確保することが重要です。
緩和ケアやターミナルケアの機能評価、在宅患者の往診や緊急時の入院受け入れなどの評価が今後も維持されるかどうかは難しいと感じます。単に入院料が病院より安いというだけでは地域の患者の来院動機としては不十分です。内科、整形外科、泌尿器科、産婦人科など全体として有床診療所の地域医療における役割について大まかなところで構いませんのでご教示下さい。
(医療法人理事長55歳)

Answer:
地域包括ケアシステム構想のなかで行政の「不要」という愚策が見直され診療報酬は継続的に引き上げられ、地域医療における複数の機能も明確に

◆MANAGEMENT SEMINAR-経営講座-
2010年代の医療政策④「平成28年度診療報酬改定に向けた検討」②

◆Message From ZEN-IKEI
事務局からのお知らせ