医療経営ニュース

news 当会にて隔月発行している「医療経営ニュース」の内容をご紹介します。

掲載日:2015年5月1日 Vol.18 No.3

◆「注目の特集ニュース」

「在宅医数の不足」と問題解消のための医学部教育改革の視点

◆Q&A
Question:
地域包括ケアシステムが整備されてきていますが、地域によって状況はさまざまと聞いております。このシステムが浸透していない地域において病院が在宅療養支援病院として名乗りを上げた場合に、在宅医療にかかわってきた診療所としてはどのような戦略を立てていくべきでしょうか。(診療所院長52歳)
内科診療所を運営している医療法人です。デイサービスも開業し5年が経過し、経営も軌道に乗ってきていると考えております。介護報酬は引き下げられ、一般企業の参入、デイサービス、デイケアの乱立もあり、非常に厳しい環境に置かれてきていると感じています。今後の展開をどのようにすべきかアドバイスをお願いします。(医療法人理事長48歳)

Answer:
すべての市区町村で実施される「在宅医療・介護連携推進事業」
本事業で中心的な役割を担うことで自院の立場を有利に導く

◆MANAGEMENT SEMINAR-経営講座-
2010年代の医療政策③「平成28年度診療報酬改定に向けた検討」①

◆Message From ZEN-IKEI
事務局からのお知らせ