D PROJECT

DENTAL SUPPORT PROJECT 進化する歯科医療経営の為に…
医科向けのサービスもございます。詳細はお問い合わせください。

来院患者分布調査

ご存知ですか?集患のためのマーケット・リサーチの技術があることを。

歯科医療界におけるマーケティング・リサーチのひとつに、「診療圏調査」があり、開業にあたり、どの程度の来院患者数を見込めるかを予測するうえで、有用な手法とされてきました。しかし、歯科医師間の競争が激化する今となっては、「供給が需要を生む」という考え方に基づく従来の「診療圏調査」では、診療所を取り巻く正確な診療圏を把握しきれないというのが現実です。

そこには「患者の選択」という最も大事な要件が欠落しているからに他なりません。歯科医療供給が過剰になった今、現状に見合ったマーケティング・リサーチの考え方、手法、技術が求められています。「来院患者分布調査」は、自院の経営基盤を知る大切な調査であり、これからの集患対策に取り組むうえで、ベースとなる不可欠な手法なのです。

来院患者分布調査の実施におけるメリット。

MERIT1 自院を取り巻く現状を把握できます
自院の来院患者(年齢、性別)及び地域の潜在患者(診療圏在住の方の年齢、性別)を分析し、自院を取り巻く現状を把握できます。
MERIT2 患者数増加へ向けて問題点を明確にできます
患者数分析、仮説立案、目標設定、現状と目標のギャップなどを詳細に分析することで、経営課題を明確にし、患者数増加の施策へと結びつけます。
MERIT3 的確な患者情報が得られます
可能な限り良質の歯科医療を、どの程度の価格で提供すれば、患者に受け入れてもらえるか、といった歯科医療の充実に関連した患者情報を入手できます。
MERIT4 集患につながるPR戦略も構築できます
広告規制が緩和されていく流れのなかで、リサーチ結果をもとに、集患のための有効なPR 戦略を考えるうえで重要なマーケティングデータが収集できます。
MERIT5 即効性のある集患施策を構築できます
地域やターゲット(年齢、性別)を絞り込んだリサーチを通し、「紹介促進」や「中断患者対策」など、すぐに集患効果の見込める施策を入手できます。

医業経営に精通した全日本医療経営研究会のコンサルティングサポートが、来院患者分布調査を通し、貴院の未来に有効な集患施策を構築します。